ネットで今後のITについての動向を調べると5年単位で考えている会社や10年先を見ている人などさまざまでした。少し専門的過ぎて難しかったので詳しい事は言えません。発展していくことに変わりはないのだろうけれど、どのように発展していくのか、衰退はしないのだろうか、何か大きな問題はおきないのだろうかと、実際のところはわからないというのが実態のようでした。

私自身、5年前は今の自分がこんな状況になるとは思ってもいませんでした。震災も同じで、いつかくるだろうというものがついに来てしまった。そしてそれがあまりにも規模が大き過ぎたという事です。今後どうなるかなんてきっとITの最先端の最先端で活躍されている人くらいにしかわからないのではないでしょうか。今後のITに希望を持っている人が多く、世界中の発展を望んでいます。30年も前には夢の話だった事が今は実現されているのですから希望をもってしまいますよね。

ただ、IT化の発展だけが世界の発展とは言えず、他の業界や自然、生物など地球としての発展を望みたいと思っています。私たち人間だけのために自然を伐採していくのではなく、共存している事を忘れてはならないと感じています。

そういった地球の様々なものとのシンクロを含めてITの今後の発展を期待したいなと思っています。こんな一個人の私が思うくらいなので、最先端の方々はきっとさまざまなことを考えてらっしゃるのだと思います。より良い方向へと私たちを導いてくださるよう願っています。
明るいIT社会が継続して、より発展していくことを祈ります。

また企業で働くエンジニアの方以外でも独立して活躍されている方もいらっしゃいます。より多様な働き方があることは素晴らしいことだと思います。
先日、「フリーエンジニアその実態に迫る!」という面白いサイトを見つけました。
可能性は無限にあるんだなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です